宮川・末次法律事務所

お問い合わせ

03-5510-3101

弁護士紹介

宮川 光治 (みやかわ こうじ)

経歴

中国山東省青島にて生まれる。引き揚げ後、名古屋市で育つ。名古屋大学法学部法律学科卒業・同大学大学院法律研究科修士課程修了。

1968年、弁護士名簿登録・東京弁護士会に入会して弁護士としてスタート。その後、損害保険・生命保険、建設法務などの仕事をしながら、各地の公害裁判に約10年取り組むとともに、日本弁護士連合会と東京弁護士会において法曹養成・司法改革などの仕事に従事。三宅坂法律事務所を開設し、後に独りとなり宮川法律事務所を現在の場所(富国生命ビル12階)に開設。

2008年、最高裁判事就任に伴い、弁護士登録抹消。2012年、最高裁判事を定年退官後、東京弁護士会に再登録し、宮川・末次法律事務所設立

2013年、旭日大綬章受章

取り扱い業務

企業法務一般、損害保険・生命保険、建設紛争、メデイア法、その他の分野で、相談業務、法律意見書の作成、監査役、新聞社の常設委員会の仕事などに従事。

主な日本弁護士連合会関係の仕事 以下就任年のみ記す

1971年 臨時司法制度調査会対策委員会委員
1973年 法曹養成制度研究委員会委員
1982年 弁護士業務対策委員会委員
1984年 法律職に関する調査委員会委員・幹事
1993年 司法修習委員会委員
1995年 編集委員会委員長
1996年 司法基盤整備・法曹人口問題等基本計画策定協議会座長
2008年 法曹養成センター副委員長
2010年 法科大学院設立・運営協力センター副委員長
2003年 懲戒委員会委員
2005年 同委員会委員長

主な東京弁護士会の仕事

1968年 司法制度臨時措置委員会委員兼調査嘱託
1973年 司法問題委員会副委員長
1976年 百年史編纂刊行特別委員会委員
1977年 司法修習委員会副委員長
1981年 人事委員会副委員長
1982年 非弁護士取締委員会副委員長
1985年 外国弁護士対策本部事務局長
1988年 国際関係委員会委員
1992年 民事訴訟法改正問題特別委員会委員
1993年 司法修習委員会委員長

主な日弁連法務研究財団関係の仕事

2003年 法科大学院認証評価検討委員会委員
2004年 法科大学院認証評価事業・評価委員会委員

最高裁判所関係

1989年 司法研修所教官(民事弁護)
2003年 司法修習委員会委員
2008年 最高裁判所判事

法務省関係

2003年 新司法試験実施に係る研究調査会委員及び同在り方検討グループ委員

主な共編著等

  • 『東京弁護士会百年史』(1980年)
  • 『変革の中の弁護士(その理念と実践)上・下』(宮川・那須・小山・久保利編著,1992年,3年,有斐閣)
  • 『あたらしい世紀への弁護士像』(1997年,有斐閣)
  • 『法曹の倫理と責任』(塚原・宮川・宮澤編著,2004年,補訂版・2005年,第2版・2007年,現代人文社)

主な論文

  • 「現代の弁護士―その業務と理念についての諸問題」『現代司法の課題―松井康浩弁護士還暦記念』(勁草書房)所収(1982年)
  • 「戦後の司法」『東京弁護士会百周年記念論文集 司法改革の展望』(有斐閣)所収(1982年)
  • 「法律事務独占の今日的課題―プラクティスの改革と非弁問題の再検討」自由と正義35巻2号(1984年)
  • 「法科大学院におけるカリキュラムと教育方法―プロフェッショナル法学教育の創造」『法科大学院 モデル・カリキュラムの構想と実験(日弁連法科大学院設立・運営協力センター)』所収(2001年)
  • 「法科大学院における法曹倫理教育―司法修習における教育と対比しながら」法の支配134号(2004年)
  • 「法曹養成改革についての断想」『法曹養成と裁判実務 武藤春光先生喜寿記念論文集』(新日本法規出版)所収(2004年)
  • 「日弁連における懲戒事件審理の実情と今後の課題」自由と正義58巻3号(2007年)
  • 「新たな法曹養成における司法修習とその課題」ロースクール研究6号(2007年)

ページトップに戻る